2012年09月27日

サグラダ ファミリア教会 #02 外観 アントニオ ガウディ    バルセロナ/スペイン


建設中の外観見上げ


ガウディの事を考え始めると、急に筆が重くなる。
しかたがないので、その事を正直に書こう。

まずは色々と奇妙なのである。あまりと言うか、ほとんどと言うべきか、これはこうだから、こう
なっているのだろうと確信めいて納得できる所が少ないのである。

そう、花々や蝶などがなぜあのような姿をしていて、そして、美しいかなどを、深く考えた事もな
いし、また、適当な理由もすぐには思いつかない事に似てはいまいか。
(これはもっともらしい例えを思いついた)

そうか、自然観察、自然崇拝というような事がその根底にあるのではないだろうか。そして、
それらを過度に抽象化や簡素化、あるいは、適当に見栄えよく、きれいにまとめ過ぎない事。
あの自然が持つ奇妙さや不可解な部分を捨て去らない事。人間が本来自然に対して抱く感
情、奇妙さ、奥深さ、多様性、気味悪さ、おそれ・畏敬の念、というような合理的には上手く説
明できないような事もあえて避けたり、捨て去ったりするのではなく、自身の作品の中に盛り
込もうとしたのではあるまいか。

分かったような顔をした、インテリっぽい建築ではない事もまた、ひとつの側面であろう。

考え始めると、きりがなく、とめどもなく奥深そうである。
そう簡単には、本音などを語ってくれそうにないから、今日はこのくらいにしておこう。
あれこれと、とめどもなくなってしまいそうなので。


posted by pao at 09:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築旅日記_スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

サグラダ ファミリア教会 #01 内観 アントニオ ガウディ   バルセロナ/スペイン


今なお造り続けている大聖堂の内部を見る


未完ということ・・・。
1874年から工事が始まったとすれば、現在まで138年間建設が続いていることになる。

その造形的なデザインにも大変評価は高いが、今なお未完で、建設が続けられているという、
この様なケースも、かなり稀であろう。

この「未完」というキーワードには、何かロマンや深い思いが込められているようで、あれこれと、
ガウディの思いを想像してしまう。


posted by pao at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築旅日記_スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

少々奇妙な建築 #03 取り外され、並べられたガーゴイルたち   トゥールーズ/フランス


中庭の回廊に展示されたガーゴイルたち


ガーゴイルが取り外され、何体も並べられて展示されていた事を思い出した。
おそらく、長い年月の間に傷みが進行し、新たな物と取り替えられたものではないだろうか。
特に雨水を落とす先端の頭部や口の部分は、傷みが大きく、また、既に頭部が無いものも
あったように思う。よって、あまりグロテスクという印象はなかった。

ここオーギュスタン美術館(Musee des Augustins/ Toulouse)は大変優美で静かな
空間の修道院を、美術館として使用しているもので、中庭の周囲に回廊を廻らせており、
絵画等の展示品も充実していた。



gar・goyle [建](ゴシック建築に用いられる鬼・怪獣などの形に作った)
屋根の水の落し口、ひはし。
出展:研究社 「新英和大辞典」(上記図共)


ネットで検索していたら、このガーゴイルたちが展示されている優美な回廊の素晴らしい
写真に出合った。ブログを続けるメリットとして、時々語られることであるが、予想外の発見
をする驚きと楽しみが時々訪れる。

優美な回廊とガーゴイルたちの素晴らしい写真
ウィキペディア/ Musee des Augustins
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Mus%C3%A9e_des_Augustins_Toulouse_05.JPG



posted by pao at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築旅日記_フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。