2015年02月03日

復活! 「省エネ住宅ポイント」制度の説明会

民主党時代にスタートした全国が対象の住宅版エコポイント制度が終了した後は、しばらく間が空いたままになっていた。その間、消費税増税等もあり、住宅業界も含め、日本は概ね相変らずの不景気の中にある。従って、アベノミクスも大いに期待するところであった。

そんな中、安倍政権の景気対策のひとつとして、全国版の住宅エコポイントが復活しそうであることを知った。(安倍政権の緊急経済対策:平成26年12月27日閣議決定 ※本制度は、平成26年度補正予算の成立を前提としています。正式には国会での審議を踏まえ制度として創設されます。 平成27年2月中頃の見通しか?)



先回のエコポイントもそう大きなインパクトのあるものではなかったが、窓の結露等の不満や、これからリフォームを検討している人には、それでも背中を押す効果はあったようである。
今回の復活するとの報道に、ひそかな期待を抱いたのは私だけではないだろう。

より少ないエネルギーで快適に生活できる断熱性の高い省エネ住宅の普及は、景気対策にもつながり、地球温暖化防止にも貢献するので今後益々その重要性が広く認知されなければならないと思っている。



写真はその復活する「省エネ住宅ポイント」制度の説明会の様子である。
恐らく、この回のものが全国的にも、初回ではなかったかと思う。以後、全国各地で開催予定のようである。

・省エネ住宅に関するポイント制度等に関する説明会の開催について
 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000047.html



前回のエコポイントも、実際にその活用(ポイントの選択)となると大変分かりにくいものであった。
ポイント対断熱効果、そしてその工事費用等との関係等々、考えだすとなかなか結論めいた最適なリフォームの方法に辿り着くまで苦労した経験があった。そこで、その点に的を絞った効果的なエコポイント活用(ポイントの選択)の案内のページをホームページで公開していた。その内容を今回の復活予定の「省エネ住宅ポイント」制度に合わせて更新しました。
新たに加わった項目もありますが、大筋には変化はなく、うれしいことに各ポイントは約2割程度アップしている。

・Paoの考える「省エネ住宅ポイント」制度活用マニュアル
 http://www2.gol.com/users/paoarchi/ecopoint/ecopoint_Pao00.html

・「省エネ住宅ポイント」制度の概要
 http://www2.gol.com/users/paoarchi/ecopoint/ecopoint1.html


上村 美智夫 / Michio Kamimura
PAO建築設計
 http://www2.gol.com/users/paoarchi/  E-mail paoarchi@gol.com


posted by pao at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。