2013年07月15日

トラブゾンで見た黒海の思い出                     トラブゾン/トルコ


街の背後の小高い丘(Boztepe)より見た、夕暮間近の街と黒海の様子。

ここからは、街と海と港がよく見える。オレンジに近いチャ色の瓦屋根が多く、それが樹木の濃い
グリーンと、ブルーな海と空にはえて本当に美しいと思う。風景が美しいと思えるのは、トルコが
初めてである。
私と同じベンチになった、トルコの若い女性4人が、弁当?を広げ、何やらピクニック気分で食べ
だし、私にチャイとパンをくれた。皆陽気で笑顔がすてきである。


トラブゾンからの次の目的地は、トルコの首都アンカラで、高速夜行バスでの移動であった。

アンカラ行きのバスは、長く黒海沿岸を走り、海沿いのノンビリとしたローカルな街の黄昏時と、
人々の様子を長く見ることができた。
街灯がともり始め、海を望むベンチには、1日の仕事を終え、涼しくなった夕暮れ時をゆったりと
楽しむ、年齢を問わない男女の姿があった。又、街の繁華街らしき通りにも、この快適な夕暮れ
時を楽しもうとする人々の姿が見られた。こういった様子が見られるのもトルコが初めてである。
ヨーロッパに近づいているという思いと、これらの事は自然環境、そして人々の暮らしが豊かで
ある証拠であろう。
黒海の夕日は綺麗であった。


ラベル:夕陽 海の色
posted by pao at 12:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築旅日記_トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株の投資 at 2014年01月26日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。