2014年06月03日

耐震診断のすすめ――建替えかリフォームか迷ったら

時々相談を受けることのある、建替えにするべきか、それともリフォームの方が良いのかの判断
について、改めて考えてみたいと思う。

これまでは、相談を受け、その都度それぞれの個別の内容で、可能な限り総合的な観点から、
回答していたように思う。

そのような場面で、ベーシックとなる、何か客観的な物差し・判断基準のような、一定の確かさの
ようなものを備えているツールは、無いものだろうかと思う。





相談する側からすれば、リフォームを専門とするようなところに相談すれば、「リフォームでいき
ましょう」等と勧められ、建物の耐久性等にかかわる重要な部分(基礎、土台、柱、屋根等)に多
少の問題があっても、あまり重要視はされず、見える所だけを美しく仕上げて終わるのではないか。
そういう事でその後20年、50年レベルの耐久性は維持できるのだろうかと不安にもなるだろう。

また、一方で新築を得意とするような工務店等では、「柱が傷んでいるので、建替えた方がより
安心できますよ。」等と勧められ、本当は少々の補修で十分なところが、建替えとなったりはしな
いだろうかと、これもやはり心配にもなるだろう。

これらの不安は、私のような建築の設計事務所に相談する場合であっても、概ね似たものでは
ないだろうか。

そこで思い当たったのが、多くの行政で行っている、建物の耐震診断である。

現在では、その診断費用については一般的に多少の補助が期待できる。これらはリフォーム
工事等には直接関係しない、公正中立な、独立した第三者機関の判断と思ってよいだろう。

この耐震診断の結果を見れば、耐震補強(リフォーム)程度で済むのか、あるいは、この際建
替えた方が費用的にも合理的なのか等の判断がある程度は可能になると思われる。
その耐震診断の結果と、自分たちが希望するリフォームの内容をプラスした時に、建替えの方
が良いのかリフォームで済ませた方が良いのかの判断も、おのずと見えてくるのではないだろうか。





耐震診断の結果は、評点という数値で示され、その危険レベルの判定や今後の対策については、
概略以下のように表現されるようである。

評点=1.0以上〜1.5未満 → 一応安全だと思われるが、念のため専門家に診てもらいましょう。
評点=0.7以上〜1.0未満 → やや危険です、専門家による診断を受けてください。
評点=0.7未満        → 倒壊又は大破壊の危険があります、ぜひ専門家と補強について相
                     談してください。

耐震補強の工事とはその低かった評点を、新たに、筋かいの追加等の各種の耐震補強を行うことで、
その結果として、評点を1.0以上まで引き上げることを意味している。もちろん、評点をより高くして、
より高い安全性を求めることも可能であるが、それには更なる工事費の増加を伴う。

まずはこの公正中立な耐震診断の結果を確認して、それをベースにして、建替えかリフォームかを
考えてみるというのが、最も安心できるひとつの方法ではないだろうか。

現在、耐震診断等については、何らかの行政の補助(助成)が用意されているようである。
その補助とは耐震診断の費用の3分の2とか、耐震改修費用の2分の1等ですが、その具体的な
内容は、それぞれの行政で若干の違いがあるようです。

ネット検索で、「○○○市役所 耐震診断 補助」等で情報は容易に見つかると思います。
可能であれば、補助金等も上手に活用したいものである。


リフォーム、増改築についての関連情報
・リフォームについて(PAO建築設計ホームページ)
 リフォームにおける大切なポイントや「住宅の劣化の進行」グラフも掲載しています。
 http://www2.gol.com/users/paoarchi/jilei-reform/jilei-reform.html


PAO建築設計 http://www2.gol.com/users/paoarchi/



posted by pao at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。