2014年06月03日

耐震診断のすすめ――建替えかリフォームか迷ったら

時々相談を受けることのある、建替えにするべきか、それともリフォームの方が良いのかの判断
について、改めて考えてみたいと思う。

これまでは、相談を受け、その都度それぞれの個別の内容で、可能な限り総合的な観点から、
回答していたように思う。

そのような場面で、ベーシックとなる、何か客観的な物差し・判断基準のような、一定の確かさの
ようなものを備えているツールは、無いものだろうかと思う。





相談する側からすれば、リフォームを専門とするようなところに相談すれば、「リフォームでいき
ましょう」等と勧められ、建物の耐久性等にかかわる重要な部分(基礎、土台、柱、屋根等)に多
少の問題があっても、あまり重要視はされず、見える所だけを美しく仕上げて終わるのではないか。
そういう事でその後20年、50年レベルの耐久性は維持できるのだろうかと不安にもなるだろう。

また、一方で新築を得意とするような工務店等では、「柱が傷んでいるので、建替えた方がより
安心できますよ。」等と勧められ、本当は少々の補修で十分なところが、建替えとなったりはしな
いだろうかと、これもやはり心配にもなるだろう。

これらの不安は、私のような建築の設計事務所に相談する場合であっても、概ね似たものでは
ないだろうか。

そこで思い当たったのが、多くの行政で行っている、建物の耐震診断である。

現在では、その診断費用については一般的に多少の補助が期待できる。これらはリフォーム
工事等には直接関係しない、公正中立な、独立した第三者機関の判断と思ってよいだろう。

この耐震診断の結果を見れば、耐震補強(リフォーム)程度で済むのか、あるいは、この際建
替えた方が費用的にも合理的なのか等の判断がある程度は可能になると思われる。
その耐震診断の結果と、自分たちが希望するリフォームの内容をプラスした時に、建替えの方
が良いのかリフォームで済ませた方が良いのかの判断も、おのずと見えてくるのではないだろうか。





耐震診断の結果は、評点という数値で示され、その危険レベルの判定や今後の対策については、
概略以下のように表現されるようである。

評点=1.0以上〜1.5未満 → 一応安全だと思われるが、念のため専門家に診てもらいましょう。
評点=0.7以上〜1.0未満 → やや危険です、専門家による診断を受けてください。
評点=0.7未満        → 倒壊又は大破壊の危険があります、ぜひ専門家と補強について相
                     談してください。

耐震補強の工事とはその低かった評点を、新たに、筋かいの追加等の各種の耐震補強を行うことで、
その結果として、評点を1.0以上まで引き上げることを意味している。もちろん、評点をより高くして、
より高い安全性を求めることも可能であるが、それには更なる工事費の増加を伴う。

まずはこの公正中立な耐震診断の結果を確認して、それをベースにして、建替えかリフォームかを
考えてみるというのが、最も安心できるひとつの方法ではないだろうか。

現在、耐震診断等については、何らかの行政の補助(助成)が用意されているようである。
その補助とは耐震診断の費用の3分の2とか、耐震改修費用の2分の1等ですが、その具体的な
内容は、それぞれの行政で若干の違いがあるようです。

ネット検索で、「○○○市役所 耐震診断 補助」等で情報は容易に見つかると思います。
可能であれば、補助金等も上手に活用したいものである。


リフォーム、増改築についての関連情報
・リフォームについて(PAO建築設計ホームページ)
 リフォームにおける大切なポイントや「住宅の劣化の進行」グラフも掲載しています。
 http://www2.gol.com/users/paoarchi/jilei-reform/jilei-reform.html


PAO建築設計 http://www2.gol.com/users/paoarchi/

posted by pao at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

築地散策 #10 豆・雑穀                       中央区築地/東京都


雑穀・乾物店   量り売りの元気そうな豆類に思わず足が止まった。

あずき(小豆)などの少しひんやりとした触感。指の間よりサラサラとこぼれ落ちる、軽やかで
光沢のある質感が、ほとんど忘れかけていた、遠い昔の記憶のように思い出された。

このように豆類を大量に、それも、手ですくえるような状態で見ることがほとんど無くなっていた。
派手さは無いが、豊かで良質な食材が醸し出す、昔から変わらぬ、この安堵感のような気分に
させてくれる力は何だろうか。

子供たちに食育をと言われて久しいが、大人たちにとっても食材と向き合う機会は、新たな発見や
気付き・再認識のきっかけとなろう。

大豆から作られるものに、豆腐、味噌、納豆などがあり、豆が未成熟のうちに食べるのが枝豆で
あるという。

金時豆は種皮が赤いインゲン豆の総称で、煮豆や甘納豆の原料になるという。若いさやを食べ
るものがサヤインゲンである。インゲン豆は安価で低脂肪、高蛋白の非常に優れた食品で、世
界中で食べられているという。

ダイズという名前は大陸の漢字の「大豆」由来と考えられるが、アズキには「小豆」と漢字が当て
られるが、その読みはショウズであり、アズキは大和言葉(和名)であると考えられているようである。

豆類全般に含まれるレクチンの一種、フィトヘマグルチニン(PHA)は毒性があるという。
レクチンは蛋白質なので加熱すれば変性し、人体には無害になる。レクチンを無毒化するため
には、豆を少なくとも10分は加熱する必要がある(豆を美味しく食べるためには、柔らかくなるま
でさらに加熱調理しなければならない)。
なお、フィトヘマグルチニンを最も多く含むのは、種皮の赤いインゲン豆であるとのこと。
これはちょっと要注意である。

などなど、ネットで調べた限りでも、たいへん身近な食品で、かつ、優れた食材であった事を
改めて知らされた。
これは、まだまだ、相当に、奥深い世界が広がっていそうである。


タグ:築地
posted by pao at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

築地散策 #09 おでん・練り製品                  中央区築地/東京都


おでん・練り製品


市場が旅行者などにも人気なのは、やはりそれが人間に共通の食欲に関するものだけに、見て
いるだけでも幸せな気分になれるところではないだろうか。また、見た事もないおいしそうな食材
に出会えるかもしれない。
そんな素朴な好奇心が旅行者に限らず多くの人を引きつける魅力であろう。

さつま揚げに代表される、これらおでん種などの練り製品も、日本人であれば見ているだけで、
自然と顔がほころぶというものである。
特にこの店などは、色使いやショーケースなど、商品のおいしそうな見せ方(陳列方法)が、
とても上手である。

これら練り製品の主な原料は、魚等のすり身というが、やはり新鮮な海産物があっての産物
のようである。

よく分からない点も多いので、基本を押さえておきたいと思った。

・さつま揚げの作り方 http://ws-plan.com/tsukuru/satumaage.html

・下記は、
[PDF] 第4節 ねり製品(かまぼこ・さつま揚げ) - 鹿児島県 水産技術開発センター
http://kagoshima.suigi.jp/ayumi/book/02/a02_02_04.pdf
より一部抜粋
第4節 ねり製品(かまぼこ・さつま揚げ)
かまぼこ,竹輪,さつま揚げおよび魚肉ソーセージなどのように,魚肉を原料として,食塩を加え
てすりつぶしたすり身を,加熱してゲル化したものを総称して水産ねり製品という。
かまぼこなど,水産ねり製品はわが国独特の産品で,その生産量は100 万dを超え,水産加工品で
は第1 位の生産量を示している。水産ねり製品の原料は魚肉であるが,魚肉にみられない特有の風味
があり,日本人の嗜好に合っていること,値段が安い上,簡単な調理で食卓にのせられる製品が多い
こと,地方色が豊かで,地域住民に親しまれていることなど,食べ物として優れた性質を持っている。


タグ:築地
posted by pao at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。